猫は抱くもの

6.23 (土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー

Story
こじらせた1人と1匹の、可笑しくて愛おしい妄想が、自分らしい生き方を教えてくれる―

思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。
今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。
ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。
ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。

うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ。
灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

Comment

沙織

沢尻エリカさんコメント

「監督とは、いつかお仕事でご一緒できたらいいなと、ずっと思っていました。
沙織を演じて感じたのは、すごく多面的なキャラクターだなということ。彼女は過去にアイドルとして挫折していて、その経験から逆に、自分というものをうまく出せなくなっている。でも芯の部分には「本当はこういう風に生きたかった」という強い想いも抱えている。沙織が心に抱えているもの自体は、実は多くの人たちと共通してるんじゃないかなとも感じました」

良男

吉沢亮さんコメント

「監督の犬童さん、脚本の高田さん、そして主演の沢尻さんと、いつかお仕事でご一緒したいと思っていた方ばかりの現場で、僕にとって夢のような空間でした。猫だけど自分を人間だと信じてる良男を人間の僕が演じるという。とにかく素直に、沢尻さん演じる沙織の事が好きでしょうがないという気持ちを大切に演じました。沢山の方に見て頂きたいです」

ゴッホ

峯田和伸さんコメント

「オファーを頂いた時に胸が熱くなりました。犬童監督の演出は、細やかで、こちら側に寄りそって意見を言ってくださって、とても心強かったです。僕が演じたゴッホは、こちら側(現実)とあちら側(妄想)の世界の橋渡しのような存在。共演させて頂いた沢尻さんは、目がまっすぐで、嘘がなにもない方。コムアイさんは、動物的で、本当に猫みたいでした」

キイロ

コムアイさんコメント

「猫の映画と聞いて、猫と遊べる!と思って受けたのに、自分が猫の役だったので、実際に猫と戯れるシーンがなかったのは、落とし穴でした。猫は、人間と野生を行き来する生き物ですが、私が演じた猫・キイロは人間の元で飼われたり、野良として過ごしたり、流れに任せながらも自分で決めているキャラクター。この映画には遠野物語に登場する迷い家(まよいが)の要素があり、キイロや本作に登場する猫たちは、その境界に立ち、主人公を奥へ導いたり、時には観客を映画の中に導いたりする役割があると感じました」

犬童監督コメント

「うまくいかないことの輝き、置いてきぼりを食らっている時間の魅惑。 成功への希求ではなく、積極的な諦めを選んだ時にこそ踏み出せる一歩、その爽快さ。 元アイドルの沙織が自分を見つめ、未来への答えを探す最中、揺れる心のダイナミックな動きを、映画の遊びと、演者たちの魅力でエンターテインメントにしていきたい。そして、究極の相棒「猫」、その存在の大きさを表現したい。世代や年齢に関係なく楽しめる、人生の絵本を描いてみました」

TOP